人探し探偵ランキング - 費用と調査力を徹底比較!

探し人を必ず見つけ出してくれる探偵社を知りたい!

 

けれども、どうやって探偵社を選べばいいのかわからないという方も多いでしょう。

 

人探しを探偵に依頼する時、優秀な探偵を選ぶためにはいくつかのポイントがあります。

 

料金・調査力・社会的信頼性・アフターフォロー・拠点の数などです。

 

どのポイントを重視するかは人それぞれですが、トップクラスの事務所は多くのポイントを兼ね備えています。

 

ここでは、人探し調査におすすめできる探偵事務所をランキング形式でご紹介します。

浮気調査・素行調査のおすすめ探偵はこちらの記事で紹介しています。
全国おすすめ優良探偵<調査内容別ランキング>

最初に、人探しにおすすめの探偵事務所ベスト5社を発表します。

  探偵社名
1位

原一探偵事務所

2位

HAL探偵社

3位

FUJIリサーチ

4位

ヒューマン探偵事務所

5位

総合探偵社フルスピード

各探偵事務所の特徴やおすすめポイントは、以下で解説します。

人探しでおすすめの探偵事務所ベスト5社の特徴

原一探偵事務所

原一探偵

URL https://www.haraichi.co.jp/
住所 埼玉県川越市上寺山2-1(川越本社)
料金 人探し12万円〜(調査員1人の場合)
備考 相談無料、年中無休、24時間対応、全国対応
評価 星5

 

人探しの調査を依頼するなら、最もおすすめなのが原一探偵事務所です。

 

原一探偵事務所は40年以上の歴史を持つ、日本トップクラスの探偵事務所です。
拠点は全国18ヶ所にあり、日本全国の調査に対応しています。
調査員はプロ意識の高い人が多く、解決実績は10万件以上にも上ります。

 

多くの探偵社が浮気調査のかたわらで人探し調査もおこなっているのに対し、原一探偵事務所では、人探し調査に特化した人探しの専門チームを作り、人探しに力をいれています。

 

また、所属調査員が多いため人海戦術も可能です。

 

 

お電話での無料相談はこちら!

 

タップで番号コピー

 

電話番号タップ画像

 

このサイトからの申し込みで基本料金半額

※お電話時に「クーポンID『A10』」とお伝えください。

当サイトからの申し込みでお得なクーポンGET!

当サイトから原一探偵事務所に無料相談の申し込みをして調査依頼の契約をされた場合、基本料金40,000円が半額の20,000円になります。

 

※申し込み時に「クーポンID『A10』」とお伝えください。

原一探偵事務所の評判や口コミについては、こちらの記事で紹介しています。
原一探偵事務所の人探し調査 - 料金と上手な利用のための予備知識

HAL探偵社

HAL探偵社

URL https://hal-tanteisya.com/
住所 東京都新宿区西新宿3-10-4 ゼノン西新宿1階(東京本社)
料金 家出・行方調査1案件12万円〜。完全後払い制
備考 相談無料、年中無休、24時間対応、全国対応
評価 星4

 

全国15ヶ所に拠点を持つ大手探偵事務所です。

 

完全後払い制を採用しているのが特徴で、依頼が成功しなければ料金を払う必要はありません。

 

成功条件の設定にやや注意が必要ですが、そこさえクリアすれば大変信頼できる事務所です。

 

人探し調査の調査成功率は87.2%にも達しています。
対応のスピーディさ、報告書の正確さなど、すべてが高レベルでまとまっているからこそ出せる結果でしょう。

 

即日の調査にも可能な限り対応してくれるので、緊急事態の時の依頼先として優秀です。

 

 

HAL探偵社の評判や口コミについては、こちらの記事で紹介しています。
HAL探偵社の人探し調査 - 料金と上手な利用のための予備知識

FUJIリサーチ

Fujiリサーチ

URL http://fujiresearch.jp/
住所 東京都台東区東上野3-35-9本池田ビル9階B号室(東京本社)
料金 人探し・所在調査1案件8万円〜
備考 相談無料、年中無休、24時間対応、全国対応
評価 星3.5

 

全国5ヶ所に拠点がある中堅規模の事務所です。

 

事件性のある行方不明者の捜索を重視しているため、家族が遺書を残して失踪したり、障害や病気のある人が帰ってこなくなったりした時に頼りになります。
警察との両輪で捜索を行ってもらうのがいいでしょう。

 

また、精神的に動揺しているであろう家族のため、カウンセリングや再発防止のための指導も行っています。

 

調査だけでなく、フォロー体制も重視する人は相談してみましょう。

 

FUJIリサーチの口コミや評判はこちらで紹介しています。
FUJIリサーチの人探し調査 - 料金と上手な利用のための予備知識

ヒューマン探偵事務所

ヒューマン探偵事務所

URL https://human-tantei.com/
住所 東京都渋谷区恵比寿西1-8-10 EBISU高橋ビル4F
料金 簡単な所在調査10万8,000円〜、失踪者捜索54万円〜
備考 相談無料、全国対応
評価 星3.5

 

東京にのみ拠点がある小規模な事務所ですが、所長が東京都調査業協会の要職を務めており、社会的な信頼性は高いといえます。

 

調査員は全員が協会の認定資格を持つプロで、アルバイトは一切採用していません。

 

依頼者の個人情報の管理など、コンプライアンス面も徹底しており、安心して相談できる事務所です。

 

 

ヒューマン探偵事務所の評判や口コミについては、こちらの記事で紹介しています。
ヒューマン探偵事務所の人探し調査まるわかり

総合探偵社フルスピード

探偵社フルスピード

URL http://www.fullspeed-inc.com/
住所1 大阪市西区江之子島1-6-2 奥内第8ビル1003
住所2 東京都大田区蒲田3-11-11カーチェ蒲田201
料金 人探し1時間5,000円(税抜)〜※調査員1人の場合
備考 相談無料、年中無休、24時間対応
評価 星3

 

その名の通り、非常にスピーディな調査に定評のある事務所です。

 

事件性がなく、警察が対応してくれない行方不明者の捜索に力を入れています。

 

家族が置き手紙を残してふらりといなくなった時などに相談してみましょう。

 

料金も業界最安レベルなので、費用を節約したい人にも向いています。

 

 

総合探偵社フルスピードの評判や口コミについては、こちらの記事で紹介しています。
総合探偵社フルスピードの人探し調査まるわかり

 

探偵の人探し調査は、行方のわからない人を探したい時にとても頼りになります。
でも、ほとんどの依頼者は初めての経験なので、依頼の方法がわからないことが多いでしょう。
調査の成功率を上げるために、いろいろな準備も必要です。

 

ここでは、探偵に人探し調査を依頼する際の流れや準備物について解説します。

探偵に人探し調査を依頼する流れ

探偵に人探し調査を依頼する方法は、決して難しくはありません。
基本的な流れは以下の通りです。

人探し調査依頼の流れ

  1. 探偵事務所の情報を集め、候補をいくつか選ぶ。
  2. 予約を入れて訪問し、相談。見積もりを持ち帰る。
  3. 複数の事務所の見積もりを比較し、依頼先を決定する。
  4. 正式に契約を交わし、本格的な調査計画について相談・決定する。
  5. 調査が実行される。
  6. 結果報告を受ける。
  7. 調査が成功しなかった場合、調査を継続するべきか検討する。

人探し調査は探偵事務所選びや手がかりの提供が大切

人探し調査を依頼する際には、いくつかの注意点があります。
注意するべきタイミングと、その内容について知っておきましょう。

依頼前

依頼をする前の探偵事務所選びは非常に重要です。
この段階で調査の成否が決まるといっても過言ではありません。
人探し調査は探偵の仕事の中ではメジャーな部類ですが、得意とはいえない探偵事務所もあるからです。

 

最も重視するべきなのは過去の調査実績です。
豊富な実績のある探偵事務所には、人探しのノウハウが蓄積されており、優秀な探偵も在籍しています。
インターネットなどで十分な情報収集を行いましょう。
また、探し人がどこにいるかわからなければ全国規模の事務所、居場所が絞れているならその地域に強い事務所に依頼するのが有効です。

相談

探偵に相談する際には、誰をどういった理由で探したいのかをしっかり伝えるようにしましょう。
探偵によっては、事情のはっきりしない人探しを引き受けてくれないことがあるからです。
探し人の個人情報や趣味嗜好、縁のありそうな場所、自力で調査した結果など、発見につながりそうな情報はすべて提供するようにしてください。

調査後

どれだけ優秀な探偵でも、調査の成功率は100%ではありません。
手がかりが少なく、どうしても発見できないことはありえます。
調査には少なくない費用がかかりますから、発見できなかった時に調査を継続するかどうかは、冷静に検討するようにしましょう。
調査の記録は残るので、しばらく時間を置いてからまた挑戦することも可能です。

事前に自力で情報収集し、どんなに小さな手がかりでも提供しよう

人探し調査の成功率を上げるためには、優秀な探偵を選ぶ以外にどのような方法が考えられるでしょうか?
成功率をアップさせるために依頼者ができることを挙げてみましょう。

情報はどんなに小さなことでも提供する

探偵は調査のプロなので、ほんのわずかの手がかりから探し人も居場所を推測してくれることがあります。
どんなに細かい情報でも、必ず探偵に提供してください。
「こんな情報は役に立たないだろう」という考え方は避けましょう。

事前に情報を集めておく

人探し調査の成功率は、手がかりが多ければ多いほど高くなります。
友人や親戚などに相談し、探し人につながる手がかりをできる限り集めておきましょう。
自分も知らなかった情報を、意外な人が知っていることは十分考えられます。

長期間の調査を行う

手がかりも少ない状態で人探しを成功させるには、地道に長期間調査を行うしかありません。
どうしても探し人を見つけ出したいのであれば、調査が長期化してもいいように、十分な費用を用意しておきましょう。
また、長期間の調査を行うことを前提として、探偵事務所に見積もりを出してもらうのも有効です。

準備を整えて依頼すれば、人探し調査の成功率は上がる

人探し調査は、意外とあっさり成功することがある反面、手がかりが少ないといつまでも結果が出ないことも珍しくありません。
成功率を高めるには、探偵事務所選びに手がかりの収集など、するべきことがたくさんあります。
必ず十分な準備を行ってから探偵に調査を依頼しましょう。

 
 

探偵に人探し調査を依頼する時、多くの人がまず気にするのは料金です。
人探し調査は長期化することも多いため、できるだけ安い探偵事務所に依頼したいところですよね。
また、料金を抑えるためのテクニックを知っておくことも大切です。

 

ここでは、探偵に人探し調査を依頼した際の料金や、費用の内訳について解説します。

人探しの料金は20万円〜100万円。大半は人件費になる

人探し調査の料金相場は、案件によって20万円〜100万円とかなり幅があります。
これは手がかりの量や失踪から経過した年月によって、調査の難易度が変化するためです。
簡単な所在調査なら20万円以下で終わることもある反面、ヒントが少ないと際限なくお金が必要になることもあるのです。

 

1時間あたりの費用は1万5,000円〜2万円程度なので、浮気調査などと大きな差はありません。
探偵事務所によっては、人探しが長期化することを見越して、お得なパックプランを用意していることもあります。
どのプランが1番お得なのか、よく確認しておくといいでしょう。

 

また、安くはない料金を支払うのですから、そのお金がどのように使われているのかも知っておきたいですよね。
一般的に、探偵の調査費用の内訳は以下のようになっています。

探偵の調査費用の内訳

  • 人件費(調査員を含む社員の給与)
  • 通信費(電話料金など)
  • 交通費(電車賃、高速代など)
  • 車両費(自動車の維持費)
  • 機材費(カメラなどの維持費)
  • 宿泊費(調査員が宿泊する場合に発生)
  • 資料作成費(報告書や資料の作成のため)

費用の大半は人件費で、その他の細かいお金もすべて料金で賄われています。
人探し調査において、調査員は非常に広い範囲を移動し、場合によっては泊まり込みで聞き込みを行わなければなりません。
証拠となる写真を撮影する必要もあります。
決して無駄なお金を支払っているわけではないことを理解しておきましょう。

人探し調査の料金は、手付金+成功報酬+αが基本

人探し調査の料金は、総額を一度に支払うとは限りません。
大抵の探偵事務所では、手付金と成功報酬に分けられていますし、各種追加料金が発生することもあります。
料金の支払いのタイミングを知っておきましょう。

手付金(着手金、頭金)

調査開始前に支払うお金です。
金額は事務所ごとに差がありますが、一般的には総額の10%〜50%程度です。
調査の準備金として使われるため、原則として調査が失敗しても戻ってきません。
また、完全後払い制の場合、手付金は不要です。

成功報酬

総額料金から手付金を引いた残りは、調査が成功した時に支払います。
失敗した場合は支払う必要はありません。
完全後払い制の場合は、調査成功時に総額を支払います。

経費(実費請求)

交通費など、調査中に発生した諸経費を調査後に請求される場合もあります。
最近は経費込みの見積もりを出してくれる探偵事務所も多く、必ず実費請求されるわけではありません。
見積もりに経費が含まれているのかどうかを確認しておきましょう。

延長料金

調査を延長する時に支払うお金です。
あと一歩で手がかりがつかめそうな場合などに、調査時間を延ばしてもらうと発生します。

解約金

調査を中止する時に支払うお金です。
たとえ調査を中止しても、探偵はいろいろな準備を進めていたわけですから、その負担を補填するために支払うと考えてください。
相場は総額料金の8%〜10%程度です。
いつキャンセルすると解約金が発生するのかは、契約前に確認しておきましょう。

費用を安くするには、見積もりの比較と情報提供が大切

お金をかけさえすれば、調査員の人数は増やすことができますし、それこそ何年でも調査をすることは可能です。
とはいえ、多くの依頼者にとっては、できるだけ料金を節約したいのが本音でしょう。
費用を安くするには、以下の2つの点に注目してみてください。

複数の探偵事務所を比較する

費用を抑えるための基本は、複数の探偵事務所から見積もりを取ることです。
同じような調査であっても、探偵事務所ごとにプランや料金は異なります
見積もりは無料で出してくれることがほとんどなので、できるだけ多くの探偵事務所を比較するといいでしょう。
もちろん、安さだけではなく調査内容も比較してください。

手がかりを集めて探偵に提供する

費用を安くするもう1つの方法は、できる限り早く調査を成功させることです。
そのためには、優秀な探偵を選ぶのはもちろんのこと、できるだけ多くの手がかりを探偵に提供しなければなりません。
探し人の趣味趣向や縁のある土地、過去の勤務先・連絡先・経歴など、わかっている情報はどんなに小さなものでも伝えましょう。

料金の内訳や支払い時期を理解すれば、トラブルは防げる

探偵と依頼者との料金トラブルは、残念ながら珍しくありません。
人探し調査のように長期化しやすい調査では、特に注意が必要です。
トラブルを避けるためにも、料金の相場や内訳、支払いのタイミングなどをしっかりと理解しておきましょう。
不明点があれば、必ず探偵に質問するようにしてください。

 

人探しは、浮気調査とはまた別の技術や経験が必要とされます。

 

成功させたければ、人探しの実績が豊富な探偵を選ばなければなりません。

 

また、手がかりが少ないと調査が長期化することもありますから、料金も無視できない要素でしょう。

 

大切なのは、無料相談をして見積もりを出してもらうことです。

 

また、探偵社によって調査料金は大きく異なります。

 

複数の探偵社から見積もりを取ることで、あなたのケースに最も適した料金プランをみつけましょう。