警察へ捜索願を出す前の予備知識【出し方・費用・警察の捜索】

家族が行方不明になってしまった時など、人探しをしたい場合はまず警察に捜索願を出すべきです。
しかし、普段はまったく関わりのない話ですから、出し方がわからない人も多いことでしょう。

 

そもそも、捜索願を受けた警察はどのような捜索を行ってくれるのでしょうか?
ここでは、捜索願の出し方警察の対応についてまとめました。

捜索願の出し方は決して難しいものではありません。

 

いくつかのポイントに気をつければ大丈夫です。

 

主なポイントを確認しておきましょう。

捜索願を出す際のポイント

出す場所

警察署(交番・駐在所も含む)で出すことができますが、どこでもいいわけではありません。

 

「行方不明者の住所を管轄する警察署」「届け出る人の住所を管轄する警察署」「行方不明になった場所を管轄する警察署」に限られます。

 

なお、受付は24時間可能です。

出せる人

これもまた、誰でも出せるわけではありません。

 

家族、親族、同居人、恋人、雇用主、後見人など、深い関係を持つ人に限られます。

 

友人の捜索願を出すことはできないので、友人が行方不明になったことを知っているのなら、家族などに連絡した方がいいでしょう。

記入する内容

行方不明者の住所氏名、生年月日、職業、血液型などです。

 

また、捜索の手がかりとして身体的特徴、失踪の原因の予想、いなくなった日時や場所、行きそうな場所、薬物の使用歴や精神科への通院歴なども記入する必要があります。

 

どんな細かい手がかりでも記入するようにしてください。

必要なもの

印鑑と身分証明書(運転免許証など)が必要です。

 

費用は一切かかりません

 

捜索もすべて無料です。

捜索願は、どんなケースでも受理されるわけではありません

 

内容に不備がある場合や、先に解説した出す場所・出す人の条件を満たさない場合はもちろんですが、以下の場合も受理されない可能性があります。

事件性がない場合

事件性がない人探しは、捜索願が受理されないことがあります。

 

「探さないで」と置き手紙を残して失踪した場合や、ケンカの末に家出をした場合などが該当します。

 

また、昔の友人や恋人探しの場合は、まず受理されないと見てよいでしょう。

 

警察が全力を上げて捜索するのは、行方不明者が事件や事故に巻き込まれている可能性がある場合です。

 

老人や病人、未成年者、障害者なども命の危険があるとして捜索してくれます。

 

このような行方不明者を特異行方不明者といいます。

捜索願不受理届が出されている場合

探し人が捜索願不受理届を警察に出していれば、捜索願は受理されません

 

捜索願不受理届は、DVやストーカーの被害にあっている人が身を守るための手段です。

犯罪が目的の場合

捜索願不受理届が出されていなくても、探し人に危害を加えるのが目的だと判断されれば、捜索願は受理されません。

 

借金の取り立てなどが目的の場合も同様です。

捜索願が受理されたとしても安心はできません。

 

警察による行方不明者の捜索は、事件性があるかどうかによって大きく異なるからです。

事件性がある場合(特異行方不明者の場合)

張り込みや聞き込み、科学捜査や公開捜査など、さまざまな手法が用いられます。

 

行方不明者の生命に危機が迫っている可能性もありますから、当然の処置といえます。

事件性がない場合

積極的な捜索は行われません。

 

行方不明者として情報は登録されますが、パトロール中などに偶然発見された時、届け出た人に連絡が行く程度です。

 

どこに住むかは個人の自由ですから、警察といえども強引に連れ戻すことはできないわけですね。

基本的には、行方不明者が出た段階で警察に捜索願を出すことをおすすめします。

 

事件性があれば、警察はすぐに捜索に取りかかってくれるでしょう。

 

しかし、事件性がないと判断された場合は、別の対策を講じる必要があります。

 

探偵の人探し調査など、少しでも可能性の高い方法を探しましょう。

人探し調査おすすめ探偵

原一探偵事務所

原一探偵

  • TBSテレビ「逢いたい」等、多くのTVの捜査協力で実証された最も人探しに定評のある探偵社
  • 探偵社で唯一、人探しに特化した人探しチームを設置
  • 電話やメールでの無料相談を24時間受付中
URL https://www.haraichi.co.jp/
住所 埼玉県川越市上寺山2-1(川越本社)
備考 相談無料、年中無休、24時間対応、全国対応

人探し相談フリーダイヤル

0120-600-728


当サイトからの申し込みでお得なクーポンGET!

当サイトから原一探偵事務所に無料相談の申し込みをして調査依頼の契約をされた場合、基本料金40,000円が半額の20,000円になります。

※申し込み時に「クーポンID『A10』」とお伝えください。

人探し探偵ランキング

おすすめ人探し探偵

警察へ捜索願を出す前の予備知識【出し方・費用・警察の捜索】記事一覧

家族や友人が行方不明になってしまった時、多くの人は「警察に捜索願を出そう」と考えるでしょう。しかし、「もう少し待てば帰ってくるかも」と、捜索願を出すのをためらってしまうことも少なくありません。捜索願はどの段階で出すのが適切なのでしょうか?ここでは、捜索願を出す効果や届出のタイミングについて解説します。警察が行方不明者を発見できる確率は高く、結果が出るのも早い「捜索願を出そう」と言いつつ、その有効性...

突然家族が行方不明になってしまったら、残された両親やきょうだいは驚き心配することでしょう。しかも、失踪したのが未成年であれば、なおさら不安が募ります。このような場合、警察に捜索願を出すべきですが、他にも捜索の方法はないのでしょうか?ここでは、未成年者が失踪した場合に家族が取るべき行動について解説します。未成年の失踪者は、特異行方不明者として扱われ捜索してもらえる警察が捜索願を受理し、積極的な捜索を...

行方不明の人を探し出したい時、方法の候補として上がるのは警察と探偵です。警察は費用もかからず強力な捜査力を持っていますが、いろいろと制約があり、万能の存在ではありません。そのため、人探しでは探偵がとても頼りになるのです。ここでは、人探しを探偵に依頼するべき理由を解説します。事件性がなくても捜索してくれる探偵に人探しを依頼する最大のメリットは、事件性がなくても捜索を行ってくれることです。警察は、強力...

昨日までは普通に生活していた人が、ある日突然失踪する。こんなことは決して珍しくありません。すぐに探したいところですが、未成年者ならともかく、成人なら本人の意志も尊重する必要があります。残された人はどうすればいいのでしょうか?ここでは、成人が失踪した場合の警察の対応や、発見の可能性について解説します。事件性がなければ警察は捜索しない。本人の意志が尊重される警察は、あらゆる行方不明者を探してくれるわけ...

行方不明者を発見するためには、できるだけ多くの人に情報提供を呼びかける必要があります。警察に捜索願を出し、公開捜査をしてもらうのが最適といえますが、そのためにはどうすればいいのでしょうか?ここでは、警察の公開捜査と人探しを公開捜査に発展させる方法について説明します。おすすめの人探し探偵社を今すぐチェック!目次警察庁と民間団体が公開する行方不明者情報 ・警察庁の公式サイト ・民間団体の行方不明者公開...

家族が突然行方不明になったら、多くの人は警察に捜索願を出すことでしょう。しかし、行方不明者の捜索にどの程度のお金がかかるのかはあまり知られていません。警察に動いてもらう以上、捜査員の給料などは当然発生します。そのお金は、捜索願を出した人が負担しなければならないのでしょうか?ここでは、捜索にかかるお金について解説します。おすすめの人探し探偵社を今すぐチェック!目次捜索願に料金は発生しない。民間の力を...

行方不明者を探す時は、まず警察に捜索願を出すのが鉄則です。しかし、捜索願とは別に失踪届というものがあることをご存知でしょうか?捜索願と失踪届は混同されることも多いのですが、まったく性質の異なるものです。ここでは、捜索願と失踪届の違いについて解説します。おすすめの人探し探偵社を今すぐチェック!目次捜索願は行方不明者を探したい時に提出失踪届を出せば行方不明者を死亡扱いにできる探偵の人探し調査は発見の可...