【人探しの方法】自分でおこなう捜索と探偵調査のメリットデメリット

突然家族がいなくなってしまったり、どうしても会いたい昔の友人がいたりする時は、人探しの方法を考える必要があります。

 

自分で探すこともできますが、緊急性があれば警察を頼ったり、探偵に依頼したりという手段も選択肢に入ってきます。

 

どの方法もメリットとデメリットがあるため、よく考えて行動しなければなりません。

 

ここでは、3種類の人探しの方法と特徴をまとめました。

基本中の基本です。
いきなり警察や探偵はちょっと……という人も多いでしょうから、まずは個人でできそうなことを考えてみましょう。

自分の足で聞き込みをしたり、新聞に人探しの広告を出したり、チラシを作って配布したりといった方法は、昔から行われてきました。

 

これらは堅実ですが、多少のお金はかかりますし、効率がよくありません。

しかし、現在ではインターネットの発達によって、さまざまな方法で人探しができるようになりました。

 

インターネットの最大のメリットは、不特定多数の人に情報提供を呼びかけられることです。

 

拡散力の強い方法としては、TwitterなどのSNSの利用が挙げられます。

また、人探し掲示板を使って探すこともできます。

 

Googleなどで個人情報を検索するだけでも、手がかりをつかめる可能性はあります。

 

デメリットは、情報の真偽の確認が難しいことです。

 

結局は自分の目で確かめなければならないので、かえって手間がかかる可能性は否定できません。

 

また、SNSや人探し掲示板を使った場合、探し人の個人情報がネット上に残ってしまう点も問題です。

 

プライバシーに関わることなので、悪用されないように注意が必要です。

 

どこまでの情報を載せるべきかをよく検討しましょう。

その他、住民基本台帳を使って現住所を特定することもできますが、閲覧には正当な理由が必要になります。

 

家族以外が見ることもできませんから、友人や恋人などを探す場合は別の方法を考えましょう。

自力での人探しについての具体的な方法を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
【自力で人探し】自分でできる人探しの方法と手順

困った時に頼りになるのは、やっぱり警察です。

 

全国に展開するネットワークは非常に強力で、さまざまな権限も持っているため、個人では不可能な人探しが可能なのです。

警察の人探しのメリット

メリットは、事件性がある行方不明の場合、捜査本部を設置して熱心に調べてくれることです。

 

生命の危険が迫っている場合もありますから、一刻も早く探し出す必要があるのです。

 

未成年者が何の前触れもなくいなくなったり、家を訪ねたら争った形跡があったりした場合は、すぐに警察に通報しましょう。

警察の人探しのデメリット

デメリットは事件性が薄いと判断されればなかなか動いてくれないことです。

 

家出しますという書き置きがあったり、直前に大げんかをしたりした場合がこれに当たります。

 

大半の行方不明者は、この「事件性がない行方不明者」として扱われているのです。

 

家族や同居人であれば、行方不明の届け出を出すことはできます。

 

しかし、積極的に動いて探してくれるわけではないので、パトロール中などにたまたま見つかるのを期待するしかありません。

 

昔の友人とか生き別れの家族などの場合は、届け出を出すことさえできないので、警察は頼れないということになります。

自分でがんばっても見つからず、警察も頼れないという場合は、探偵への依頼を検討しましょう。

 

日本全国に5,000件ほどの興信所・探偵事務所があるといわれているので、探せば近くにもきっとあるはずです。

探偵を利用するメリット

メリットは、警察と違い事件性のない行方不明でも探してもらえることです。

 

探偵は人探しのプロですから、地道に聞き込みを行い、わずかな手がかりから探し人を見つけてくれることもあります。

 

また、守秘義務があるため、プライバシーにも配慮してくれます。

探偵を利用するデメリット

デメリットは、やはりお金がかかることです。

 

最低でも数十万円単位で費用が発生すると思っておくのが無難です。

 

後でトラブルにならないためにも、依頼する前に金額や内容についてよく確認しておきましょう。

 

また、いい加減な事務所があるのも事実ですから、過去の実績や評判を調べておくことも忘れないでください。

 

柔軟性という点では一番頼りになるのが探偵です。

 

どうしても探し出したいという場合は、警察よりも頼りになります。

 

費用に見合うだけの働きは期待できますから、人探しをする時は選択肢に入れておきましょう。

探偵がおこなう人探しや調査費用については以下の記事で詳しく紹介しています。
人探し探偵の調査方法と依頼方法

 

人探しを探偵に依頼した場合の費用相場

人探しは、「できれば会いたい」という程度のものから「見つからないと本人の命が危ない」という緊急性のあるものまでさまざまです。

 

理由と状況によって、どの方法を選択すればいいかは変わってきます。

 

見つかったはいいが、相手の方は探してほしくなかったというケースも実際にあります。

 

費用をかけたり多くの人を頼ったりしてまで探す必要があるかは、自分で判断しなければなりません。

 

自分の気持ちと、それぞれの探し方の特徴をよく理解し、納得した上で行動しましょう。

人探しの方法選びの判断に迷った場合には、以下の記事を参考にしてみてください。
【人探し】探偵に依頼するより自力調査の方が良い3つのケース

人探し調査おすすめ探偵

原一探偵事務所

原一探偵

  • TBSテレビ「逢いたい」等、多くのTVの捜査協力で実証された最も人探しに定評のある探偵社
  • 探偵社で唯一、人探しに特化した人探しチームを設置
  • 電話やメールでの無料相談を24時間受付中
URL https://www.haraichi.co.jp/
住所 埼玉県川越市上寺山2-1(川越本社)
備考 相談無料、年中無休、24時間対応、全国対応

人探し相談フリーダイヤル

0120-600-728


当サイトからの申し込みでお得なクーポンGET!

当サイトから原一探偵事務所に無料相談の申し込みをして調査依頼の契約をされた場合、基本料金40,000円が半額の20,000円になります。

※申し込み時に「クーポンID『A10』」とお伝えください。

人探し探偵ランキング

おすすめ人探し探偵

人探しの方法の記事一覧

名前だけしか分からない相手を探すなんて不可能だと思っていませんか?それはまだ、あなたが人探しの方法についてわからないだけかも知れません。この記事では、名前だけで人を探す方法と名前も分からない相手を探す方法についてご紹介します。おすすめの人探し探偵社を今すぐチェック!目次インターネットで検索する方法電話帳を使って探す方法本名を使って名前以外の情報を手に入れる方法名前も分からない相手を探す方法インター...

初恋の人は、誰にとっても特別なものです。今パートナーがいる人にとっても、そうでない人にとっても、初めて好きになった人間は生涯忘れることのできない相手です。そんな相手を探したいと思った時には、すでに時間が経ち過ぎているため、相手との連絡先が途絶えてしまっているかもしれません。そこで、ここでは初恋の人を探すための自分でできる4つの方法と、探偵が行っている人探しの方法について詳しくご紹介します。おすすめ...

ある日突然、家族が行方不明になったとしたら、あなたはどうしますか?すぐに警察に連絡するという人が多いことでしょう。では、同窓会の幹事になったので同級生の行方を追っているとか、昔の恋人に会いたくなったという場合はどうでしょうか?この場合でも、警察は人探しを手伝ってくれるのでしょうか?ここでは、警察ができる人探しについてまとめました。事件性がある場合、警察の人探し力はとても頼りになる警察に行方不明者の...

家族が突然家出をした!ずっと携帯電話にかけているけどまったく出てくれない! そんな時でも一旦落ち着きましょう。本人から反応があるまで待っているよりも、探し出すための方法を考えた方が賢明です。早く行動した分だけ見つかる可能性も上がるので、適切な方法を選んで実行しましょう。ここでは、家出人探しのためにすぐできる方法をまとめました。警察は事件性がないと動かないが、届け出る意味はある「民事不介入」の原則が...

人探しをする時には確実に探していきたいと思う人も多いことでしょう。人探しではどの程度の確率で見つけることができるのか、確実に見つけるためにはどのような方法があるのかを紹介していきます。人探しで見つけられる可能性人探しで、探し人を探していける可能性というのは、情報の量によって左右されます。ただ探してほしいと依頼をしただけではほぼ見つけることはできなくなります。逆に、直前までやり取りがあり、どの場所で...

相続に関して、相続人が見つからない、居場所がわからないということで、困っている人は少なくありません。相続人を見つける方法や、相続人がいないと相続手続を進めることができないかなど、人探しとからめて紹介をしていきます。遺産分割協議は相続人全員が揃わないといけない遺産の相続をする際に、相続人が複数居ることは少なくありません。家族内で相続人が揃ってしまえば良いですが、そうではなく、家族関係を超えた部分に相...

人探しをしていきたいと思った時に、頼りにできる相談先がわかっていることは非常に心強いです。人を探そうと思った際、多くの人がまず最初にぶつかる壁として、どこに相談をしたら良いのかというものがあります。ここでは、相談先をある程度のカテゴリーに分けて紹介をしていきます。警察は一番の基本事件性があると見られる場合、事件性があると確信できる場合は、間違いなく最初に警察に相談をする必要があります。事件性が強い...

生き別れになった親族を探していく人は少なくありません。人探しは個人で行なうことはなかなか難しく、難易度も高いです。しかし生き別れという状況をあきらめきれない人も多いことでしょう。ここでは生き別れになった親や兄弟等を探していく方法を紹介していきます。おすすめの人探し探偵社を今すぐチェック!目次まずは基本的な情報を十分に集めていく同級生や関連のある人に自分の存在を知らせる自分ではどうにもできない場合探...

家出や、失踪等によって困った時に警察に捜索願を出すことは基本中の基本と考えておくべきですが、そもそもどのようにして出せば良いのかわからないと感じる人も少なくありません。ここでは、捜索願の出し方と、注意点を紹介していきます。捜索願はどこに出せば良い?失踪人や、家出人がいる場合の、捜索願を出す際、まず、出す場所は警察署になります。失踪した場所に関する警察署、保護者や親権者の住所を管轄する警察署、家出人...

人が消えてしまったら、探偵に依頼すべきか、それとも弁護士事務所に依頼すべきか迷ってしまいますよね?一般的にはどちらも浮気問題の専門家ですし、どちらに相談すべきか頭を悩ましてしまいます。ですが、弁護士と探偵ではそれぞれ役割が違うため、ケースによって人探しの相談先は変わっていくのです。弁護士に相談すべきケースは「事件処理の必要がある場合」弁護士に人探しを依頼すべきなのは、主に法的手続きや係争にまつわる...

成人の家出人は、そもそも行方不明の届出が送れることで知られています。また、警察もさほど積極的に動くようなことが少なく、未成年者よりは発見率は明らかに低いです。ですが、絶対に見つからないわけではありません。ポイントを押さえて捜索を進めれば、必ず家出人を探し出すことができるでしょう。家出の状況を確かめる成人が家出した場合、はじめにやるべきは失踪の目的を明確にすることです。失踪の意図を知る理由は、警察に...

未成年者の行方不明は、日本では最も数の多い家出人として知られています。平成27年度の統計では、行方不明者82,035人に対して、20歳未満の少年の行方不明者は17,971人と、21.9%と全年代で最も高い行方不明者となっています。では、いざ我が子が行方不明になった場合、どうしたら見つけ出すことができるのか?今回はそのコツについてお教えします。学校や友人、親戚に連絡を取る自分の子供が家に帰ってこない...

音信不通になった家族について調べるのは簡単ではありません。しかし、調べるための方法が全くないわけではありません。ここでは、大切な家族を探す方法について詳しくご紹介します。おすすめの人探し探偵社を今すぐチェック!目次音信不通の家族を探すうえで大事なこと戸籍附票から調べる方法ネットを利用した人探し方法新聞を利用した人探し方法まとめ音信不通になった家族は必ず見つかると信じる音信不通の家族を探すうえで、実...

もしも親しかった友人と音信不通になってしまったら、心配になるのは当然のことです。特に仲が良く、いつも悩みを相談しあっていたような間柄なら、相手の身に何があったのか不安で仕方なくなります。それに、自分に何の連絡もなく姿を消してしまった友人に腹も立つことだってあるでしょう。そうした感情の乱れは、全て友人への愛情があるからです。たとえ身内の人間でも探さない人もいれば、友人であっても費用を投じて探そうとす...

人探しの方法に鉄則などありません。あるのは、いかにして探すのかを考え、実際に行動に移し、トライ&エラーを繰り返す単純作業だけです。ところが、そんなシンプルな答えに行き着く前に、誰かを探そうと思ったら、貴方の目の前には突然4つのの選択肢が現れます。それは『自分で探すのか』それとも『警察に届け出るのか』もしくは『弁護士に依頼する』のか、そして最後は『探偵に探してもらう』という、いかにも選び難いものばか...

家族が行方不明になってしまったり、昔の知り合いに会いたくなったりした時、みなさんはどうやって探そうと考えますか?人探しの方法はいくつかあり、主な方法としては自力での捜索・警察への届け出・探偵への依頼・弁護士への依頼が考えられます。どの方法もメリットとデメリットがあるため、適当に選べばいいわけではありません。探す対象や緊急性などによって使い分ける必要があります。ここでは、人探しの4つの方法の特徴と使...

ある時ふと、初恋の人に会いたくなったという経験はないでしょうか?昔の電話番号はすでに使われておらず、家もなくなってしまっていて追跡不能、という状況になってしまった人もいると思われます。初恋の人を探すには、自力での捜索の他にできることはないのでしょうか?ここでは、初恋の人探しの方法を解説します。おすすめの人探し探偵社を今すぐチェック!目次自力で探す3つの方法 - ただし成功率は低い探偵に依頼する方法...

家族や会社の従業員にお金を持ち逃げされたら、多くの人はショックを受けるでしょう。金銭的な被害以上に、信頼していた人に裏切られたという精神的なダメージが大きいはずです。しかし、嘆いているだけではお金は戻ってきません。どうすればお金を取り戻せるのでしょうか?ここでは、相手を見つけ出し持ち逃げされたお金を取り戻す方法を解説します。おすすめの人探し探偵社を今すぐチェック!目次まずは警察に届け出よう。ただし...

調停は、民事紛争を解決するための便利な手段です。お金や不動産の貸し借り、交通事故の損害賠償、さらには公害問題まで、さまざまな紛争を話し合いで解決に導けます。しかし、調停は相手の住所がわからなければ行うことができません。どうすれば住所を特定し、調停を開くことができるのでしょうか?ここでは、調停のための住所特定方法を解説します。相手の住所がわからないと調停は行えず、裁判への移行もできない調停は相手を指...

借金の返済や土地の所有権をめぐる争いなど、民事上のさまざまな問題を解決するために行われるのが民事訴訟です。話し合いで問題が解決しない場合、最終的には民事訴訟で決着をつけることになります。この時、思わぬ落とし穴になるのが争う相手の住所です。相手の住所がわからなければ訴訟は起こせません。この記事では、このような訴える相手の住所がわからない場合の解決法を紹介します。おすすめの人探し探偵社を今すぐチェック...

離婚調停を行いたいのに、パートナーと別居状態で相手の住所がわからないことがあります。離婚調停は、相手の居住地域を管轄する裁判所に申し立てなければならないので、住所がわからなければ話が進みません。まずは相手の住所を突き止める必要があります。ここでは、離婚調停時に相手の住所を特定する方法を紹介します。おすすめの人探し探偵社を今すぐチェック!目次役所で住民票を確認する方法弁護士に依頼する方法探偵に依頼す...

パートナーに浮気をされ、浮気相手に慰謝料請求をすることになった時、知っておかないと困ることがあります。それは浮気相手の住所や本名です。これらの情報がなければ、法律に基づいた形で慰謝料請求を行うことができません。しかし、問いただしても浮気相手が個人情報を明かさず、連絡も取れなくなってしまうことはありえます。そのような場合、どうすればいいのでしょうか?ここでは、浮気相手の住所や本名を突き止める方法を解...

離婚後、元夫からの養育費の支払いが止まってしまうことは珍しくありません。養育費を請求するためには、調停や裁判を行うのが有効ですが、そのためには元夫の住所を知る必要があります。でも、元夫が住所を教えてくれなかったり、連絡がつかなかったりした場合はどうすればいいのでしょうか?ここでは、元夫の住所を特定する方法を解説します。おすすめの人探し探偵社を今すぐチェック!目次戸籍の附票や住民票で調べる方法弁護士...

夫婦が離婚し妻が子供を引き取ると、夫は養育費を負担する義務を負います。しかし、経済的に苦しくなり、どうしても養育費を支払えないこともあるでしょう。養育費の減額の交渉は可能ですが、相手の住所がわからなければ会うことはできず、調停や裁判を起こすこともできません。このような時に役立つ、元妻の住所を特定する方法を解説します。おすすめの人探し探偵社を今すぐチェック!目次役所で住所を調べる方法弁護士に住所を調...

古い知り合いを久しぶりに訪ねてみたら、何と引っ越してしまっていた。電話もつながらず連絡が取れない。こんな経験のある人も多いのではないでしょうか?また、1人暮らしをしていた身内が連絡もなしに引っ越してしまうこともあります。こんな時は、急いで探し出さなければなりません。ここでは、引越し先の住所を調べる方法を解説します。おすすめの人探し探偵社を今すぐチェック!目次住民票や戸籍の附票で住所を調べる探偵を利...