警察ができる人探しの条件と発見できる可能性

ある日突然、家族が行方不明になったとしたら、あなたはどうしますか?
すぐに警察に連絡するという人が多いことでしょう。

 

では、同窓会の幹事になったので同級生の行方を追っているとか、昔の恋人に会いたくなったという場合はどうでしょうか?
この場合でも、警察は人探しを手伝ってくれるのでしょうか?

 

ここでは、警察ができる人探しについてまとめました。

事件性がある場合、警察の人探し力はとても頼りになる

警察に行方不明者の捜索を頼んだ場合、理由や状況から行方不明者の分類が行われます。

 

このうち、警察が積極的に捜査を行ってくれるのは「特異行方不明者」に分類された場合です。
これは、犯罪や災害に巻き込まれているおそれがあったり、遺書が残されていたり、本人が未成年・病人・高齢者・障害者であったりと、命の危険が予測される行方不明者を指します。

 

特異行方不明者の捜索では、捜査本部が設置されます。
さらに多くの人員を投入して捜索が行われ、必要であれば科学捜査なども実施されます。
発見できる可能性は、他のあらゆる方法と比較しても非常に高いといえるでしょう。

 

もちろん、発見された時にはすでに遅かった、というケースもあるかもしれません。
しかし、どこに行ったのかわからないまま時が過ぎるのに比べれば、本人が見つかるだけでも十分ではないでしょうか。
事件性がある場合は、警察に人探しを頼むのが最も確実です。

警察への届出については以下の記事で詳しく紹介しています。
警察ができる人探しの条件と発見できる可能性

事件性がない場合、警察は積極的に人探しをしてくれない

事件に巻き込まれた可能性が低く、差し迫った命の危険がないと判断された場合は、ただの「行方不明者」になります。
一応、行方不明者届出を受け付けてはもらえるのですが、いわゆる「事件性がない」状態とみなされるわけです。

 

家族とケンカして家を出ていってしまった場合や、「旅に出ます。探さないで」というような書き置きが残されていた場合が該当します。
その他、思い当たる理由がなかったとしても、事件性がなさそうならただの行方不明者扱いです。

 

警察がこのような態度を取るのは、「民事不介入」の原則があるからです。各家庭のことは家庭で解決すべきであって、警察が介入するべきではないという考え方です。
そのため、事件性があるという証明ができなければ、警察は積極的に動かないのです。

 

行方不明者の名簿に登録はされますし、何かの偶然で発見されれば、そのことは連絡してもらえるでしょう。
しかし、本人を確保したり家までつれてきてくれたりはしません。このケースの届出は、最低限の手続き程度に考えておくのが無難です。

関係性の薄い人を探す場合、届出を出すことさえできない

では、同級生や昔の恋人を探してもらう場合はどうなるのでしょうか?

 

実はこの場合は、行方不明者届出を出すことさえできません。
行方不明者届出を出すことができるのは、本人と親しい人だけだからです。

 

具体的には、親兄弟や親族、配偶者・恋人、保護者・後見人、雇用主、福祉関係者、学校の先生などです。
割と範囲が広いように思えますが、「10年会っていない同級生や元カノ」に比べればずっと親しい人たちです。

 

結局、同級生や昔の恋人を警察に探してもらうことはできないのです。
それは探している側が居場所を知らないだけであって、法律上の「行方不明者」にはなりません。
警察が動かなければならない理由がないのです。

 

特に最近では、個人情報の取り扱いが非常に厳しくなってきています。
ほとんど他人といっていいような人に対して、尋ね人の情報を公務員が教えてくれることは、まずありえないといっていいでしょう。

警察に届出を出せない場合は、自力捜索か探偵へ依頼

警察が取り扱えない人探し案件の場合、残された手段は自力で探すか、探偵の人探し調査に依頼するかの2つです。

 

自力での捜索は、費用はさほどかかりませんが、発見までに長い時間と手間がかかります。
一方、探偵の人探し調査は、最短で発見できる可能性は高いものの、高額な費用がかかります。

 

どちらもメリット、デメリットを踏まえて、適切な方法を選択をしましょう。

まとめ - 判断できなければまず警察へ。ためらわないことが大事

以上のことから考えると、事件性がない場合に人探しを警察に頼んでも、発見できる可能性は非常に低いといわざるをえません。
届出を出せないケースも多いわけですから、人探しで警察が活躍できる機会はかなり限られています。

 

その分、いざ動くと他の何よりも頼りになるのが警察です。
事件性があるかどうかは警察が判断するので、まず警察に行くのはよい行動です。
ためらわずに動きましょう。

人探し調査おすすめ探偵

原一探偵事務所

原一探偵

  • TBSテレビ「逢いたい」等、多くのTVの捜査協力で実証された最も人探しに定評のある探偵社
  • 探偵社で唯一、人探しに特化した人探しチームを設置
  • 電話やメールでの無料相談を24時間受付中
URL https://www.haraichi.co.jp/
住所 埼玉県川越市上寺山2-1(川越本社)
備考 相談無料、年中無休、24時間対応、全国対応

人探し相談フリーダイヤル

0120-600-728


当サイトからの申し込みでお得なクーポンGET!

当サイトから原一探偵事務所に無料相談の申し込みをして調査依頼の契約をされた場合、基本料金40,000円が半額の20,000円になります。

※申し込み時に「クーポンID『A10』」とお伝えください。

人探し探偵ランキング

おすすめ人探し探偵